2012-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

創価学会に汚染された中野区役所②






創価学会に汚染された中野区役所①







覚せい剤と言えば、北朝鮮。ピョンヤンで、統一教会の信者連中などが密造した覚せい剤を、統一・創価のルートで密輸し、
おもに創価の信者ネットワークを使って、日本国内で小売りをしてきたわけで、覚醒剤界の老舗といえば、この二大朝鮮邪教なんですね。
この既得権を守るために、警察庁の内部にも利益分配システムを構築して利権を守ってもらってきたわけです。
当然、警察内部のカルト信者や買収された幹部が摘発情報を流したり、やばい局面ではもみ消しに動いてくれる。
朝鮮人宗教はこうやって、公僕と持ちつ持たれつで麻薬利権を守ってきた。

麻薬と言えばヤクザが関与しますが、やくざは麻薬で儲けた金を宗教非課税で守られた朝鮮カルトに託して運用させる。
朝鮮カルトは、この汚い金をロックフェラーや周囲の金融ユダヤ人に託して、南米あたりの麻薬事業に投資してさらに増やしてもらう。

ある創価の内部関係者が運用担当者から聞いた話では、一つのルートで20兆円とかの単位の運用を任せており、
年間で、5-10兆円の金利が上乗せされて戻ってきていたのだそうです。
内部関係者はどうやってそんな有利な条件で運用できるのか皆目理解できていないようだったので、説明しておきました。「麻薬だよ。」

だが、その数10兆円単位のカネも、米国の金融危機とともにロックフェラーの爺さんの巨額損失の穴埋めに充当されてしまい、
返済されるあてがない。やくざに託された金も焦げ付いてしまいました。
創価に資金運用を任せていた某後藤組の某後藤元組長が、返済を迫る意味で創価の暴露本を書いても不思議はないのでありました。


日本最大の麻薬流通組織は創価学会である



http://11874.jugem.jp/?eid=2019






「他人の不幸の上に自分の幸せを築いてはいけない」

これ池田大作本人の言葉だろ

「他人の不幸の上に自分を成り立たせてる」

これが池田本人の姿だよ、そしてパチンコ業界もそう、それを
影で応援する創価学会とその100%学会員である公明党








攻撃を受けている時に目をつむるか、薄目で集中すると加害者の顔や部屋が見えるらしい その見た情報で加害者を特定して探しだせるらしい   加害者は麻薬中毒者が多いので見つけだして警察に通報すれば逮捕してくれるらしい
色々書いてあるサイト  http://asmr6652.blog79.fc2.com/





⑦4.24 創価学会・公明党の言論弾圧を許すな








⑥4.24 創価学会・公明党の言論弾圧を許すな









⑤4.24 創価学会・公明党の言論弾圧を許すな







④4.24 創価学会・公明党の言論弾圧を許すな






③4.24 創価学会・公明党の言論弾圧を許すな







②4.24 創価学会・公明党の言論弾圧を許すな












①4.24 創価学会・公明党の言論弾圧を許すな










ここに記す事は、犯罪の告発でもあります。

 中傷などでは無く、実際に行われている犯罪方法を公にする事で、その犯罪被害者の増加を防ぐ目的もあります。


 みなさんは「音響兵器」をご存知でしょうか?


 拘置所・刑務所にあるこの「音響兵器」は、思考と盗聴する事も出来ます。

 入所者にだけ聴こえるように話しかける事も出来ます。


 ですので、寝ている時に尋問が出来ます。

 人は、寝ている時に話しかけられると、それを防ぐ事が出来ません。

 この装置によって、あらゆる情報を一方的に入手する事が出来ます。


 寝ている時に洗脳すらも出来る。

 思考を操る事も、行動を制御する事も出来る。


 そういう事が出来るのが「音響兵器」なのです。


 勿論、東京拘置所の中にもあります。

 刑務官が普通に毎日使用しています。

 東京拘置所に配属された方は、その装置について説明を受けます。


 そして、入所者に対して・・・以下のような事が行われています。


 「寝ている時に、何時ゴキブリに気付くか見てるのがおもしれえんだよ。」

 などと言う刑務官も居ます。

 ようするに、見回りをする以外は暇な訳なのです。

 夜中中、覗きをして楽しんでいる刑務官がそうです。


 そして、蚊の羽音を入所者の耳元に流し、睡眠を取らせないようにする虐待も普通に行われています。

 これも刑務官にとっては時々するイジメなのですが、立派な犯罪です。

 そして、この装置をつかって、24時間ずっと話しかけ続ける事で、入所者の睡眠を妨害する事も出来ます。

 それだけではありません。


 この「装置」を使う事で、入所者のあらゆるプライバシーから、恋人やガールフレンドの情報までをも知る事が出来ますし、入所者を拷問する事で、その頭脳も使う事が出来ます。

 「装置」で拷問をする事で、女性の口説き方から接し方、好みまで知る事が出来、

 そうやって信用を築いてから、「面会拒否」や「手紙が来ても盗んで届けない。」っと言う手段を使う事で、愛情を破壊し、慰めるフリをしてセックスに持ち込む・・・

 これが、拘置所で行われている事の1つです。


 そうです。

 刑務官とは、このような手段で、女性の貞操を奪う「性犯罪」の常習犯でもあるのです。


 そして、その実態は拘置所の外に知られる事もありません。


 また、女性とセックスする事に成功した刑務官は、入所者を自殺に追い込む拷問を始める事があります。

 「装置」を使う事で、刑務官が代わる代わる24時間ずっと話しかけ続けたり、

 拷問をしたり、150デシベルの超音波で頭痛を与えたりして苦しめます。


 そうする事で、判断力を奪った状態にして洗脳し、自殺をさせたり、絶好状を書かせたり、ウソの内容を書いた手紙を裁判所に送らせたりします。


 そして、これらの実態は、さて、「頭の中で声がする。」とか言う発言をしていた入所者がしていた事がニュースになったりしないでしょうか?

 それは、事実なのです。


 そして、ここに書いた事は、批判をされるかもしれません。


 しかし、日本では「ある団体などの圧力」などがあるようで、全く調査がされていないようですが、アメリカでは思考盗聴や音響兵器の被害者が集まった団体などがあり、(freedomfchs)

 人工衛星を使って個人を攻撃した加害者が、裁判で負けていたりします。
http://wiredvision.jp/news/200907/2009070622.html

 こういう記事もあります。
http://www.aa.alpha-net.ne.jp/stmore/THE_SHOCKING_MENACE_OF_SATELLITE_SURVEILLANCE.htm


 ですので、みなさまも、

 「おかしい、どうしてどこからともなく声がするのだろう?」

 「飛行機が飛んでいないのに”ブーン”という音がするのだろう?」

 「蚊が居ないのに羽音がするのだろう?」

 「どうして身体が揺れたり振動したりするのだろう?」

 っという事がありましたら、これは「音響兵器」や「思考盗聴」を使われている可能性が極めて高いです。


 重要なので繰り返しますが、女性は、恋人やボーイフレンドの友人だと主張する刑務官を信用しないで下さい。

 思考盗聴器や音響兵器は日本にも存在し、刑務所や拘置所に配備されています。

 配属している刑務官は、その装置について説明を受けます。

 入所者の安全や、脱走阻止の為に使われているのであれば、問題ありません。

 女性を犯す為に使われ、その犯罪を隠蔽する為に入所者を虐待し、自殺に追い込んだり絶交状やウソを書かせて、家族や恋人や裁判所に送ったりする犯罪などが問題なのです。

 それを隠され続けている事も問題です。





 日本の警察は、残念ながら、以下の理由で日本人を冤罪にかける事がある。

 また、検事も同様の理由で共犯になる事がある。

 「出世欲」

 「自分が所属するカルトにとって不都合な人間を抹殺する為」

 みなさんが目にするニュースの中で、「これはおかしい。」と思えるニュースをご覧になる事があると思います。

 そういう事件は、上記が原因である可能性があります。


 実際に、以下のような事件もあります。


 路上で路上にある自転車などを倒したりしながら叫びまわっている人間が居て、その男を注意したら暴行を受けたから通報したら、警察は30分以上も来なかったが、ニュースでは「30分以上も首をしめて殺害した。」っと報道された事件もあります。

 しかも、通行人のフリをして、管轄の刑事が見に来ていた事も分かっている上に、

 警察に通報した回数は、5~10分おきに何回も通報していたにも関わらず、警察署から1回曲がるだけでいい場所で、3分でこれる距離だったのです。

 それを、30分以上も業と来なかった上で、警察が殺人を犯したのに、刑事の手柄になり、通報者は自殺へ追い込まれて証拠隠滅。


 そういう方でも、拘置所に入所させられたら、刑務官の餌食になります。

 このような犯罪は、今でも、日本中で発生し、日本人の被害者が増え続けています。


 これをご覧の方にお伝えしたいのですが、

 あなたが男性だとしたら、恋人や彼女とセックスをする事を目的にして、拘置所や刑務所にある「思考盗聴器」や「音響兵器」を使って虐待を受ける可能性があり、「手紙が送られて来ても届かない。」「面会に来ても面会拒否の扱いを受ける。」「拷問される。」という可能性があります。

 あなたが女性だとしたら、あなたとセックスする事を目的にして、恋人は冤罪にかけられ、上記の方法で刑務官が貴女に接し、セックスをさせられる可能性があります。

 そういう手段が発覚した時には、「彼氏が拘置所に居た事をばらす。」っと脅せばいいのです。

 刑務官が寝ている恋人に話しかけ続けて洗脳し、あなたと別れるように仕向けたり、嫌いにされたりもします。

 24時間眠らせないようにするのも常套手段ですので、頭脳や人格が破壊される事もありますが、

 セックスの為には、どんな手段でも使うのが刑務官だと認識して下さい。

 刑務官は、そういう事実を隠し、犯罪を黙認する刑務官と犯罪者の2種類しか居ません、犯人と共犯者しか居ないのです。

 また、上記の被害者だという思い当たりがある女性にお願いがあります。

 恋人は100%の確率で、刑務官からの拷問や偽造手紙の発送での名誉毀損などで、自殺に追い込まれて自殺して命を失います。

 東京拘置所にある「思考盗聴器」や「音響兵器」は、施設の内外に使う事が出来ますので、出所した後でも拷問を続ける事が出来るので、思考と睡眠を妨害され続けて、衰弱させられたり頭脳労働を不可能にさせられたりします。

 寝ている時も話しかけ続けられて思考や睡眠を妨害され、起きていても同様なので常にストレスに晒される上に、経済力も奪われます。


 この話を信じる事が出来るようになる方法があります。

 あなたが刑務官になって、拘置所に配属されて、所内の装置とその使い方の説明を受けて下さい。

 刑務官がどういう使い方をしているのかをご覧下さい。

 それから刑務官を辞めて、この文章をご覧下さい。

 そうすれば、これが事実であると分かります。

 しかし、欲望に溺れて、常にセックスを求めて犯罪に走る刑務官が常に居るのも事実です。


 もう一度言います。

 あなたが女性だとして、このブログに記してある事を体験した事があるなら。

 奇妙な手紙を送りつけられる・・・刑務官による偽造

 面会に行ったら拒否される・・・刑務官による勝手な処理

 おかしな事件に巻き込まれる・・・オカルト信者や出世欲に溺れた刑事の可能性が高い

 貴女とセックスをする事を目的に、恋人は虐待されたり、自殺に追い込まれたりします。

 その方法は既に記した方法と、これから記す事などが殆どです。

 あなたの恋人は、あなたが刑務官だと知らずに接した刑務官と親しくなった後で、それらの手段で自殺に追い込まれます。

 その時、貴女は既に恋人には愛情を持っていないので興味が無く、自殺をしたとしてもそれを知る事はありません。


 あなたが、このブログに記したのと同様の体験をした事があるなら、恋人や彼氏を助けてあげて下さい。

 あなたとセックスする事が目的で冤罪にかけられてから自殺に追い込まれたり経済力を奪われたりするケースもあるからです。

 命を奪われるか、一切頭脳労働が出来なくなる人生で、しかも思考盗聴器による洗脳で一生ミスリードされる事にもなります。


 犯人は、「セックスを目的にした刑務官」か「オカルト信者」の2種類が圧倒的多数なのです。


 どうして、特定のオカルトが、社会問題を何度も起こしたのに、破壊活動防止法を適用されないのでしょうか?

 正義感のある方が不審な死を遂げたり、冤罪にかけられたり、刑事や検事のオカルト信者が自殺だと決め付ける事件が発生するのでしょうか?



 証拠が残らない手段として、思考盗聴器と音響兵器の存在があります。

 刑務官がどんなに虐待をした結果、自殺をしたとしても、それは単なる自殺で処理されます。

 女性とセックスをする事を目的に殺害された事は全く分からないのです。


 殺されずに、生きている間ずっと思考盗聴を受け、思考や判断力を悪用され続けるケースもあります。

 そういう邪悪な犯罪者が刑務官に居るのです。


 思考盗聴は、被害者しかその恐ろしさを実感出来ない上に、被害者以外は信じる事が難しい存在の兵器です。

 音響兵器については海外のサイトでは時々ニュースとして見つける事が出来ます。

特定の標的に音を「発射」する技術、米軍が開発中
http://wiredvision.jp/blog/dangerroom/200706/20070607124127.html

「脳への電磁的攻撃」:禁止判決と対策サービスも
http://wiredvision.jp/news/200907/2009070622.html

2001-07-14 19:16
ジョン・フレミング:衛星サーベイランスの衝撃的な脅威 記事の完全版
http://www.aa.alpha-net.ne.jp/stmore/THE_SHOCKING_MENACE_OF_SATELLITE_SURVEILLANCE.htm


 思考盗聴は、実際に可能ですし、その装置は実在します。

 被害者は泣き寝入りさせられ、あらゆる知識や思考力を拷問で奪われたり、自殺に追い込まれたりします。


 ここに記した事を体験された方がいらっしゃれば、どうかブログを作成して、リンクを貼って下さい。

 体験しないと分からない犯罪・・・それが思考盗聴や音響兵器での虐待なのです。

 「身体が勝手に振動する」
 「飛行機が飛んでいないのに飛行音がする」
 「近くを電車が通過する度に、汽笛の音がする」
 「寝ている時に身体が細かく振動し、力が入らないので起きれない」
 「頭痛がすると共に、自然に首が竦む」
 「筆記をしようとすると腕が勝手に振動する」
 「記憶が書き換わっている」
 「おかしい、どうしてあの時あんな判断をしてしまったんだろう?・・・っと言う事が増える」
 「頭の中で人の声がして、命令されたり尋問されたりする」

 そういう体験をした方は、思考盗聴を受けている可能性があります。

 現在、それは欲望を満たす為の手段として、犯罪に使われています。


 納税されたお金を使って納税とセックスをする為に犯罪を犯し、その命も奪い続ける・・・

 ・・・そんな事が日常茶飯事な場所で仕事をする事は・・もう二度と出来ない。






思考盗聴の犯人

思考盗聴の犯人について記す事にします。

思考盗聴器がある施設・・・全国の拘置所・刑務所

思考盗聴器を使うのは・・・刑務官

悪用する犯人・・・創価学会


しかし、何者かが、勝手に外部からそれを使う事があり、それを制御出来なくて困った事があります。

収容者に対して、勝手に外部から尋問や拷問するのに使われるのは困った事です。

普段は、収容者が寝ている時に、秘密を聞き出す為に使われていますが、


狙われる収容者が、大抵は創価学会とトラブルがあった方が圧倒的多数なので、

悪用している犯人は、創価学会だと考えられます。


この施設では、超音波を使って収容者を拷問する事も出来ます。

外部からは分からないので、思考盗聴器などの存在が、拘置所・刑務所に存在する事は、刑務官しか分かりません。

収容者の秘密を聞き出す為に使われるほか、それに答えない場合や、一部の刑務官がストレス解消を目的として、

思考盗聴器と一緒に配置されている音響兵器を使って、頭痛を起こさせ続けたり、腕に照射する事で手紙を書かせなくする事も出来ますし、ほぼ24時間照射し続ける事で、睡眠を取らせないようにして拷問する事や、収容者に絶交状などを強要させて書かせたりもするので、それにショックを受けた収容者が、ボールペンの芯などで自殺を図る事もありますが、刑務官が隠すので真実が外部に知られる事はありません。

例え、収容者が手紙や電報を作成しても、その刑務官が偽造じたり捨ててしまったりすれば、分からないからです。



また、この装置は、拘置施設以外にも存在します。

外部から思考盗聴器を乗っ取って悪用する犯人が、創価学会とトラブルがあった収容者に使う事実があり、

その場所の裏付けを取っています。




また、

思考盗聴器を使って、寝ている時に洗脳する事も可能です。


収容者が、自分の恋人を突然脅迫したり、絶交状を記したりするようになる事があり、

その時には、刑務官によるイタズラや、その女性に手を出そうと企んだ刑務官による拷問・睡眠妨害により、強制的に書かされたり、洗脳により書かされたりする場面も目撃したからです。

刑務官による性欲が原因で、自殺に追い込まれた収容者も居ます。


思考盗聴器 音響兵器 は、全国の拘置所・刑務所にあります。

使うのは刑務官です。


外部から、創価学会とトラブルにあった収容者を拷問するのに使われます。


その外部・・・拘置施設以外で、この非常に高価な装置を売買出来るのは・・・

政治に影響力がある上で、まともではないな組織であり、莫大な資産を所持している・・・条件を満たす集団。


過去に、証拠を残さずに殺人を出来る・・・人殺しの完全犯罪の手段として使われた犯罪手法に、

集団ストーカー

ガスライティング

がありますが、

思考盗聴

が最新の殺人の完全犯罪に使われる手段である事を、日本の皆様は知らなければなりません。

そうしないと、

この組織に逆らうだけで命を奪われたり、洗脳されたりするようになり、

国民全員が、この組織の構成員になるまで、この犯罪が続き、

日本と言う国が、この組織そのものに・・・変り果ててしまう事になります。


皆様が収めた税金が、一体何に使われているのか、存じて頂ければと思います。



葛飾区の生活保護受給者の9割が創価学会員!?・外国人生活保護の実態



葛飾区の生活保護受給者の9割が創価学会員!?
本人ではなく公明党市議が代理申請!
外国人生活保護の実態!
公務員組織がマフィア!?

私の知り合いの被害者のお姉様が元葛飾区役所に務めていたのですが、そのお姉さまの知り合いの葛飾区役所職員のブログを見ると、ケースワーカーをしていた時、なんと9割近くが創価学会員だったそうです。

日本人は生活保護を受けたくても中々認めてくれなかったり、保護を受けても難癖つけて打ち切って自殺するケースも少なくありません。

それに引換え創価学会員は信者になれば新聞の景品のように生活保護や都営住宅がもれなく付いてくるそうです。

学会員や外国人が生活保護を受ける際、本人が申請に行くのではなく、公明党の市議が代理で申請するそうです。
その税金の中から年末財務等の御布施に廻っているのですから、正しく創価学会は税金を食物にしたカルト教団だと云うことです(怒)

一度生活保護を受けたら何をしても目をつぶっているのが現状ですね。
だって役所の福祉課のケースワーカーの殆どが、総体革命で配置された学会員か反日の帰化人だらけですから



創価学会員の大半は生活保護がほしいだけの集まり


国の負担金2兆6000億円のうち、半数の1兆3000億円を、僅か数十万人の在日韓国、朝鮮人が受給している 現在は2兆3000億?

・生活保護優遇
(一世帯あたり年600万円が無償で支給。在日朝鮮人64万人中46万人が無職。
なお仕事を持っていても給付対象から外されることはない)
・国民年金全額免除(“掛け金無し”で年金『受給』が可能)
・保険診療内の医療費は全額タダ(通院費も全額支給)
・都営交通無料乗車券給与。
・仮名口座可(脱税の温床)
・上下水道基本料金免除。
・JRの定期券割引。
・NHK全額免除。
・特別永住資格(外国籍のまま子々孫々とも日本に永住できる)
・公文書への通名使用可(在日隠蔽権獲得)
・公務員就職の一般職制限撤廃。
・永住資格所有者の優先帰化。
・公営住宅への優先入居権。
・外国籍のまま公務員就職。
・犯罪防止指紋捺印廃止。
・朝鮮学校、韓国学校の保護者への年間数十万円の補助金援助(所得に関係なく全額補助)
・民族学校卒業者の無審査公私高校受験資格付与。
・競争率の低い帰国子女枠で有利に進学可能。
・朝鮮大学校卒業者の司法試験1次試験免除。
・大学のセンター試験に韓国語の導入。
・上記試験受験者への異常な優遇。
・民族学校卒業者の大検免除。



警察、学会が用いる、思考盗聴の、磁性体は、これだ。 あなたも、人体実験されている



あるブログを見ますと、警察が、ターゲットを決め、創価学会などと協力してから、集団ストーカーを実行し、ターゲットを、精神障害者に仕立て上げてから、病院に入院させると書かれていましたが、その目的については、「精神病院で使用されている向精神薬と電磁波による人体実験が行なわれているのでは?」と言う見解が示されていました。

 この記事の中に、秋葉原の加藤(学会員)の例があげられてますが、加藤の場合は、精神病院ではなく、刑務所行きになりましたが、刑務所でも、似たような実験が行われている様です。

 つまり、精神病院や、刑務所は、人体実験場になりつつあると言う事ですが、私達が勤務する一般の職場も、ダスキンなどの様な警察の天下り企業によつて、思考盗聴器が仕掛けられ初め、急速に、その傾向を強めております。

 自衛隊や、警察で自殺が多いのは、その為かもしれませんが、ターゲットを、そう言う状況に追い詰める事自体、人体実験なのかもしれません。

 さらに、チデジは、一般家庭に、思考盗聴器付きのテレビを買わせ、その家庭の人間が、何を考えているかを、国家が監視する目的で、推進されたプロジェクトだっかもしれないのです。

 暗証番号や、ヌードが、丸見えになったりますが、そんな事、許せますか?

 明らかに、人権侵害ですよね。


TBSアナウンサーの「川田亜子アナウンサー」の自殺も、思考盗聴装置による他殺?



TBSアナウンサーの「川田亜子アナウンサー」も、思考盗聴装置で、やられたのかもしれませんね。

 今、日本のマスコミでは、日本人を排除して、在日・朝鮮人や、部落民に、置き換えてる作業をしていますからね。

 韓流もそうですが、小林とか、林とか、そう言う名前のアナウンサー、最近、多くないですか。

 つまり、日本人を、テレビで洗脳しょうと言うわけ。 

 だから、じゃまな、日本人タレントとか、人気アナウンサーを思考盗聴装置で、ノイロウゼにして、自殺に追い込んだり、ノイローゼにしておけば、誰かが、自殺に見せかけて殺しても、疑う人はいないと言うわけですね。


 超音波で、その人だけに、声を聞かせたりできるんですよ。

 ですから、警察が、自殺と断定して、それ以上、捜査しないケースは、集団ストーカーを組織する警察の犯行である可能性が高いと言うわけです。

 桶川の女子大生ストーカー殺人の場合は、消防署や、裁判官が、ストーカー仲間だった可能性が高いわけですね。

 この前、その、桶川の裁判官が、ストーカーで捕まったばかりですが。


 ところで、この、思考盗聴装置ですが、「うつ病」の患者などの、精神状態を、コンピュータの様に、入力できるらしいので、自殺に追い込むことも可能らしいですね。

 この思考盗聴装置は、超音波を使っています。

 この技術は、警察とか、(総会屋対策で、警察OBが、天下りして、)ダスキンで使っている位ですから、セコムなんかも、使っているんじゃないですか、危ないですね。

 「セコム」してますか?

 「セコム」してたら、長島監督みたいに、脳卒中になるかもしれませんよ。

 超音波で、やられちゃうかもしれませんからね。

 どうして、やられたの?

 カトリック・朝鮮系の主催する。オリンピックに強力しなかったからでしょうか? 

 そう言えば、韓国のサムソン電子! 

 ここが、思考盗聴装置を作ったアメリカのIBM買収しましたね。

 これって、軍事機密も、あるんじゃないですか?

 そう言えば、思考盗聴装置自体が、軍事機密で、イラク戦争にも使われたらしいですよ。

 韓国の会社が、どうして、アメリカの重要企業を子会社にデキタノ?

 そりゃあ、両方とも、カトリック企業だからできたのでしょう。

 (確か、聖書に、サムソンと言うのが、出てきませんでした? サムソンと、デリラでしたか。映画でも、あったですよね。)

 そう、カトリックは、国連中心主義ですからね。

 つまり、国連を支配していると言うわけ。

 だから、日本ばかり、国連に、金を払わされているんですよ。



思考盗聴器は、実在する。 布団たたきおばさんの悲劇



「思考盗聴器」と言う言葉を、聞いた事は有りませんか?

 この装置を使えば、人間の思考が分かると言う装置です。

 今では、思考ばかりでなく、人が見ているものや、記憶や、夢にまで、その対象範囲は広まり、モニターで、それを見たりする事が出来る様になっております。

 この装置については、人権侵害にあたるので、アメリカや、ロシアでは、禁止する法律が制定されております。

 日本では、思考盗聴と言う言葉さえも、テレビでは流されません。

 これは、テレビが、特定の宗教団体によって、掌握されているから、と言う意見がよく聞かれます。

 この思考盗聴装置は、イラク戦争でも使用されたらしく、言い換えれば、兵器と同じで、ある種の宗教団体に属する警官などが、使用している様です。

 ある種の宗教団体と申しましたのは、創価ばかりでは無いと言う事です。

 自公連立を支持する宗教団体とでも、申しましょうか。

 とにかく、分からなければ、何をしてもいいと言う集団が、そう言うものを用いて、情報を盗み出している様です。

 一説には、電機を空気の疎密波に変換するとか、レーザー光線を用いて行うとか、それについて、色々な記事がありますが、要するに、現在では、色々な技術を用いて、色々なタイプの思考盗聴器が開発されているのではないかと思います。

 つまり、一種類、と言う事ではないらしい、と言う事です。

 この思考盗聴器が、集団ストーカーにも使用され、現在、多くの被害者が、日本各地で、苦しんでおります。

 最近は、被害者による、街宣活動により、街で、直接、一般市民に、その存在を呼びかけておりますので、もし、近くで、そう言う人達が、街宣しておりましたら、耳をかたむけてみて下さい。

 もしかしたら、あなたも、そう言う被害者なのかもしれません。

 思考盗聴装置を使えば、突然、眠たくなるとか、記憶が無くなるとか、体に電磁波による傷ができるとか、変な音声が聞こえるとか、かゆみを感じたり、頭が凸凹になったりするとか、白髪になるとか、爪の生え方がおかしくなったり、湿疹ができるとか言った、色々な症状が現れます。

 暗証番号など、個人情報は、筒抜けです。

 もし、仕事中や、授業中、運転中、受験の最中に、そう言う装置が使われたらどうなるか、言うまでも無いでしょう。

 おそらく、みんなが知っているであろう被害者をあげますと、奈良県の「ふとん叩きおばさん」が、そうです。




 150万近いアクセスがある様ですが、都合が悪いので、途中で、アクセスカウンターを止められたらしいと言う事です。 もしかしたら、教団に、おばさんの土地や財産が、狙われているのかもしれませんね。


 テレビでは、ごうまんで、精神障害者の様に報道されておりますが、実は、「布団たたきおばさん」は、思考盗聴器の被害者らしいのです。

 事の発端は、付近に、創価学会の信者が引っ越してきて、ふとんを叩いていたら、言いがかりをつけられたらしいのです。

 なのに、テレビでは、おばさんが一人で、発狂しているかの様な番組構成になっており、相手の創価信者は、テレビにはうつされません。

 この事からも、創価の信者が、テレビ局にいて、そう言う風にしか、報道しない様になっているのではないか、と考えられます。

 ところで、この、思考盗聴装置による被害状況は、過労死や、リストラ被害者の症状と同じらしく、会社で、リストラされた人間や、過労死する人間は、社内の創価信者によって、そう言う状況に追いやられた可能性が出てきました。

 おそらく、会社は、退職金を支払いたく無いのでしょう。

 ここで、警察が使用している思考盗聴器について、内部告発がありますので、そのサイトを見て下さい。

 赤裸々に、その状況が描かれております。

 ダスキンへの天下り警官が、思考盗聴器を持ち込んだらしく、アルバイトなどに、女性のヌードが見れるとか言って、誘ったのではないかと思いますが、実に、えげつない連中です。

 そう言えば、警官の中にも、自殺する人がいますので、仲間うちから、そう言う装置で、やられている可能性さえもあります。 

 戦後60年のうちに、そうやって、警察が、創価学会に乗っ取られたのかもしれません。

 そもそも、創価の教祖は、全学連の共産主義者でしたから。

 あなたも、体に異常は有りませんか?

 もし、心当たりがあるならば、あなたも、その被害者かも知れません。 



«  | ホーム |  »

プロフィール

スライミー

Author:スライミー
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
創価学会の嫌がらせ (17)
動画 (51)
電磁波兵器 (1)
創価学会のクズを暴露 (34)
おすすめサイト (2)
リチャード・コシミズ (13)
ニューロフォン (12)
ハローワークで創価の嫌がらせ (3)
エシュロン (2)
創価学会員と生活保護を暴露 (2)
電磁波攻撃などの対処方法 (1)
創価学会の資金源 (2)
創価学会を脱会 (1)
創価の支配 (8)
芸能界 (1)
マスメディア (1)
警察 (2)
司法 (2)
政治 (2)
思考盗聴 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。