2012-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

集団ストーカー被害者の会ネットワーク 2012年1月29










スポンサーサイト

集団ストーカー被害者の会ネットワーク②







集団ストーカー被害者の会ネットワーク①









北朝鮮の手先パチンコマネー売国議員を斬る









創価は医学力と科学力で一般人の脳波を操り、マイクロ波などの電磁ガンや超低周波、高周波発生器で
人体へ共鳴共振の振動攻撃を掛け、日本人を自殺や病気誘導しています。
この兵器は信者自身も操り、異常な事件事故にも使用されていると思われます。
私は現在同様の被害認識者と街宣して認知撲滅運動をしています。
民生は、在日が牛耳っていて、創価の創価による、創価の為の民生と思います。
信者には生活保護を簡単に取らせ、市営、県営のアパートに住まわせ、保護費も潤沢に与え、パチンコに通わせ、嫌がらせ、付き纏い行為をさせます。又彼等が稼いだお金を財務に貢がせ、お金が無くなれば保険を掛けておいて、医学力と科学力を使った
ハイテク機器で自然に病んだように見せかけて殺します。
創価の総体革命は在日による日本人殲滅工作、日本乗っ取りです。
沈黙の兵器には早急な法規制が必要です。



ついに始まった学会の崩壊



創価学会の秋谷前会長(第5代)が脱会している事が判明しました。
最近創価学会の幹部クラスの脱会がとても多いですよね。
私から言わせると、池田大作の言われるままに散々悪事を繰り返しといて、今更脱会しても地獄行きが逃れる訳でも無いし調子が良いと思いますが、本当に良心ある学会員は勇気を持って脱会して、尚且つ今までの犯罪行為を世間に告発して欲しいものです!



福本: 小心にして猜疑心の強い池田は、恒常的に学会の最高幹部の行動をチェックしてきました。少しでも疑いがあれば、学会員や幹部たちの前で総括したり吊るし上げたりして、造反の芽を潰してきています。私は本部幹部会などで、最高幹部や公明党幹部たちが、池田から、立たされていびられている光景をしばしば見てきました。その中で、秋谷氏は一番激しく総括の対象にされていました。

小多仁: 私が秋谷氏の下で本部組織センターに勤務していたころ、突然、池田大作が二〜三名の幹部を従え、その部屋に入ってくるなり、20名くらいの職員がいるにも拘わらず、ものすごい剣幕で、秋谷氏に罵声を浴びせていました。それは、ヤクザより凄みがありました。私は池田の怒りの凄まじさに、震えが止まりませんでした。

福本: 池田大作の増上慢のなせる姿ですね。いずれにしても、徹底的に池田から苛められてきた秋谷氏が、とうとう池田に見切りをつける日がきても不思議ではありません。
 じつは私は、秋谷氏と長年にわたって交流していた公明党OBのJ氏に、秋谷氏の「日蓮正宗寺院訪問」について見解を聞いてみました。

小多仁: J氏といえば、評論家の故・内藤国夫氏とも交流がありました。
 その内藤国夫氏の秋谷評では、「行動の自由を奪われ、息苦しいようだ。蛇のように冷たい人間と酷評もされるが、胸のうちは、さぞ複雑なことだろう」「周辺の人間に対しては『名誉会長(池田)よりも一日でも長く生きたい』と漏らしている」と述べています。
 それで、J氏の感想はどうでしたか?

福本: J氏は「本当ですか!?」と驚いた様子でした。J氏は「池田大作との対応で、秋谷氏は常に保身の塊りのようなところがあったのに、あの人にも信心があったのか!」と語っていました。

小多仁: また一つには、秋谷氏が深刻な病気などの状況で、最後は信仰にすがる以外なかったのではないか、との情報もあります。御書にも「病によりて道心はおこり候か」


反社会行為の数々と国内での状況


●反社会行為の例として、盗聴(内部告発では盗聴教団という呼び名も使われる)・写真偽造・公務員によるプライバシー侵害・住居不法侵入・尾行・デマの流布・脅し・いたずら電話・車のタイヤやブレーキの破壊・買収・動物や汚物の投げ入れ等が、組織的に古くから行われている。

これらは脱会者や批判者、学会員同士、そしてさしたる理由も無い一般人も対象になっている。
24時間連日にわたり民家を監視するなどの行為も知られている。

1991年日蓮正宗から破門された経緯があり、その後 の日蓮正宗への嫌がらせは凄まじいものであった。

●SCIAという米国のCIAを真似た組織を作っている。

●海外でも数年に渡り、尾行や嫌がらせ行為を受けた例が報告されている。(ジャーナリストに対しても)

●日常的に地域の一般家庭の家族構成・親族関係・職業・家計の状態・支持政党等のあらゆるプライベートデータを集めファイル化する行為を、末端の学会員までが古くから行っており、そのプライベートデータは学会員内で共有される。
なお学会員のデータは「カード」に記載され、転居先へと受け継がれるという。

●組織の中には「教宣部」の裏部隊として、末端の学会員にはあまり知られない「広宣部」があり、近年全国で2万人程まで急増している。(ヴィクトリーグループ・嫌がらせ部隊を含む ) 他にも「伸一会」「第一警備」などの秘密組織があり、主な役割は盗聴・盗撮・尾行・情報収集、そして攻撃を請け負う。
(総県幹部・圏幹部・広宣部・男子部による、組織的な中傷ビラ配布事件も知られている)

その他にも「パトリオットミサイルチーム」(郵便物の回収作業班)
「特攻野郎Sチーム」(男子部の特殊潜行活動班)
「FOCUSチーム」(批判者の悪行を暴くネタ取材班)
「十羅刹女チーム」(婦人部の電話抗議チーム)、他多数のグループが存在するという。

●古くから学会員による犯罪は非常に多く発生しているが、自分達の大きな犯罪が暴かれ不利な立場になると裁判の証拠捏造や、担当の警察官・検察官・裁判関係者を自分達の仲間でかためる等の露骨な行為に及び、真実が解明されないままの裁判例も多々出てきている。
例として東村山市議の怪死事件(当時の東京地検八王子支部長 吉村弘検事。捜査担当 信田昌男検事。どちらも創価学会信者。)等複数あり。

なお1995年に起きた東村山市の朝木市議怪死事件を取材し、後藤組の関与にも触れ、2003年に完成した映画「阿鼻叫喚」(渡辺文樹監督)は、朝木市議役の主演女優が脅されたことで、いまだに上映できずにいる。

また創価学会や公明党議員の関与が疑われる重大事件も複数報告されている。

2009年8月に行われた創価批判のビラ配布では、4~5名に囲まれ傘の先端部で目を突き刺されるという殺人未遂事件が発生した。
にもかかわらずメディアは一切報道せず、インターネット上の関連映像が次々に削除されるという異常な状況が起きている。
早急な犯人逮捕と事実の解明が待たれる。

●以前から創価学会員による犯罪は、とても数多く報告されている。
最近では「NTTドコモ」「ヤフーBB」等の情報流出事件も、複数の創価学会関係者が関与したものであるが踏み込んだ解明や報道がなされていない。

●マスコミへの圧力も相当なものがあり、NHKでさえ批判番組の直前取り消しが行われたという話もある。
フランスやイギリス等ではTV放送で、この宗教団体をセクト集団として特集までしているのに、肝心な日本ではその番組を放送する事さえできずにいる。
(業界では「鶴のタブー」と言われ、特に毎日新聞・TBSは結び付きが強いという。)

●意見の対立する団体や個人に対する訴訟数が極めて多い。
実質的な言論弾圧である。
(8割が創価学会の敗訴。しかし敗訴情報は聖教新聞には一切掲載されない。)
訴訟数の多さはカルトの条件の一つにも挙げられている。

●創価学会員の多くに、反社会行為や不正行為にかかわっていることを自慢するという異常さがみられる。





●中国を親、朝鮮半島を兄として崇拝させている集団である。

●一部の在日南北朝鮮人、在日中国人、暴力団、同和関係者と深い係わりを持つ団体である。
創価学会が韓国での「反日運動」を扇動していたと報道されたこともある。
オウム真理教事件の際にも深い繋がりが指摘されたが、いまだ解明には至っていない。

●関連団体と外郭企業。
民主音楽協会(民音)・東京富士美術館・創価大学・創価学園・他 。
日本図書輸送・日栄・日光警備保障・創造社・栄光建設・シナノ企画・潮出版社・第三文明社 他。   

●「ウソも百辺言えば真実になる」等の尋常ではない教えを信じこみ、実践している団体である。
(ナチスドイツで洗脳の達人と言われた宣伝相ゲッペルスが、全く同様の言葉を残している)
他にも「証拠さえ取られなければ何をしてもよい」、「大勢で口裏を合わせれば事実も変えられる」などという考えを持ち行動している。

●根拠の無い「選ばれた者」意識を持っている集団である。

●学会員を、政治・司法・警察・自衛隊・宮内庁・公務員・マスコミ・大手企業・自治体・など、あらゆる分野に密かに浸透させてゆき、最終的には日本を支配するという計画を「総体革命」と呼び実行している。
だが独裁者池田氏を祭り上げた後の、政治的な施策は皆無に等しい。
しかし笑い事ではなく、この計画は着実に進んでいると思われる。

大学生に対しては「法学委員会」を設置し、司法試験や公認会計士試験、国家公務員試験、税理士試験などの受験に力を入れたり。
「国家試験研究室」を設けて、法曹界や官界、マスコミ界にも重点的に学会員を送り込んでいる。

あらゆる新聞社に対しては、聖教新聞等の印刷を依頼したり、広告を掲載することで、金銭により実質的に支配し。
警察幹部に対しては、頻繁に料亭等で接待を行い。
政治家には、選挙で票をまわす等のやり口で着々と実行され続けている。

書籍によっては現在警察官の約3割が学会支持者であるという記載もある。
外務省への浸透も深刻であり、省内には創価学会員の会「大鳳会」もある。
更には宮内庁等への浸透や、皇室を利用したPRも懸念されている。

なお2007年現在、創価大学卒業生の教員採用試験合格者が累計で5000人を超えたという、非常に憂慮すべき情報がある。

●全国各地に「創価平和会館」「創価文化会館」「研修道場」などの集会施設があり、集団で宿泊可能な施設も数多く所持している。
これらの中には豪奢な池田氏の専用部屋が設置されている所もある。

通信衛星の専用回線を所有している。
(1990年中頃より。各会館にはサテライトグループという担当者がいる。)

●特に民衆の下層世帯の人々を集めて形成されてきた集団である。
(貧・病・争・に悩む人々に対し折伏をしてきた結果)

●創価学会の特徴的な行為。
批判者に対する罵詈雑言や誹謗中傷。つるし上げ。人や車両による恒常的な監視尾行。
人権侵害を伴う違法行為や不法行為。脅迫。無言電話。脅しの手紙。言論出版妨害。など。





日蓮正宗からの破門以降、本尊も教義もないまま宗教団体を名乗り続けている。

●税金の優遇措置を受けている宗教団体の中で、学会は歳入総額さえも公開していない。
しかし1つの行事につき150億円の収入。(年間少なくとも4~5回)
出版事業では1350億円、他に法具の販売、墓苑事業なども全国で展開しており「創価学会株式会社」とも言われる豊富な資金を有している。
(2004年の週刊ダイヤモンド誌には総資産10兆円と記載された)

そして毎年12月には「財務」と称して、全国の学会員から強引な徴収をしている。
(一口一万円で上限無し、東京三菱銀行への振込となっている。100口以上の寄付者は「ゴールド会員」、1000口以上の寄付者は「プラチナ会員」と呼ばれる。毎年2000億~3000億円集まると言う)





創価学会=公明党とは反社会謀略集団以外のなにものでもない。
他に何と呼んだら良いのだろう。
そしてそれを知りながら放置してきた政治家達やメディアも皆同類である。

(本文より引用)
「なんでこんなに口汚い表現をする連中が、宗教団体を名乗れるのだろうか」

「気に入らない人間を徹底して罵倒し、尊厳をもって迎えるべき人間の生や死さえ嘲笑うその姿勢は、宗教が本来もたらす心の安らぎや、あるいは宗教が目指すべき人間愛が、この団体とは全く無関係なものであることを示している」

「『愚者の船』という船内に残ったのは文字通り愚者か腰抜けであり、(中略)考える習慣を持たない能なしだけになった。自分の頭で判断できるような学会員はとっくの昔に船を下りているか、船から放り出されているか、どちらかであり」
(引用ここまで)

まさにその通りである。

創価学会=公明党を放置しておいてはならない!
その理由がこの本には書かれている。

時に、信者は池田大作に騙されているだけというような記述を他で見かけることがあるが、そんな生易しいものではない。
個々それぞれが異常な謀略兵器である。

上からの命令ひとつで、コロッと手のひらを返したように牙をむくことを忘れてはならない。







某掲示板にこんな一文があった。
「常勝とよく言っていますが、創価はいつも何と戦っているのでしょう?」
読んだ瞬間、笑ってしまった。

そして最近、近くの創価学会員の言葉を聞きもっと笑ってしまった。
何事かと思うような、たいそう力んだ口調で、「今日もあのブログが更新されなければ、私たちの勝ちよ!」
「がんばりましょう!」と気合を入れながら、ただ単に誰かの悪口をまた延々と続けているのだ。

ふーん。常勝とはこういうことなのだ。
つまり幼児が石を蹴り、右に行ったから勝ち。草に当たったから勝ち。
などと一人勝手なルールで遊んでいるようなものだ。
ただ大きく違うのは、普通の幼児はしばらく続ければ飽きてしまうが、創価はいい歳をした大人が毎日毎日繰り返すという点だ。

ご存知かと思うが、最近事故にあった家族をペットの犬が救ったとして表彰を受けた。
また古い話だが、海外ではオオカミに育てられた子供の話もある。
犬やオオカミも人を救ってくれることがあるのだ。
創価学会はどうだろう?何か良いことをした話を聞いたことがあるだろうか?
聞こえてくるのは下劣な言動や犯罪がらみの事例ばかりである。

また今年の大震災後の避難所では、小学生たちが手書きで作成した壁新聞が人々を元気づけてきたと報道されていた。
それに比べて、聖教新聞の内容はどうだろう?
常日頃から「敗残の骸をさらす忘恩の大悪党」だの、「不知恩の畜生」「クズ」「愚劣の欲ボケ老人」「ゲス議員ども」「ダニの○○」「トンカチで頭をぶっ叩け」といった言葉が並ぶそうだ。
なんという汚らしさだろう。

そのうえ選挙で公明党が議席を減らしても、聖教新聞には「常勝」の文字が躍り、お祝いモードである。
嘘、まやかし、捏造、ごまかしだらけの幼稚な集団、創価学会。

皆さんは人として許せるだろうか?



カルト宗教は麻薬と同じです









信濃町創価学会本部へ!大作にチョコをあげる④









信濃町創価学会本部へ!大作にチョコをあげる③








信濃町創価学会本部へ!大作にチョコをあげる②







信濃町創価学会本部へ!大作にチョコをあげる①







ビラを配ってたら創価学会員が尾行してきた










カルト創価学会員とガチンコ対決








創価学会を脱会した女性が体験した事_創価学会の正体








創価学会の戦い方




創価学会は「勝利!」とか「戦い!」が大好きだが、(ビックリマーク!も大好きだな)何と戦っているのか。仏敵と言われる人たちだ。何のために彼らを罵倒するのか。学会に反抗したからだ。学会に敵意を持つものは全て打ち砕く姿勢を明確にしておけば、学会員も組織に反抗する気が起きなくなるからだ。

学会は平和への戦いという言葉もよく使う。活動家は自分のためではなく、他人のために活動するのだと言う。嫌がっている人を無理に会合に連れ出したりするのは、本気でその人を幸せにしてあげようと思ってやっているのだ。ものすごい迷惑なのだが、活動家は今は嫌がっていても必ず発心し、わかる日が来ると思っている。

学会員が選挙でものすごい努力をするのは一種の創価イベントとして熱狂的に活動することにより、信心固めに使えるからだと聞いたことがある。以前行われていた平和文化祭みたいなイベントもマスゲームやマーチングで北朝鮮ばりの統制を見せていたが、これも熱狂的イベントによる信心固めだ。

世界平和への貢献なんていうのは創価学会の仮面にすぎない。平和提言なんて机上の空論だ。理想論だけで実現されないことほど空しいものはない。池田はVIP待遇で世界の要人と会談はしても、自分の身に危険が及ぶ可能性のある場所へは一切近づこうとしない。学会員が命を削って寄付した莫大な資金力があれば、本気で世界平和に役立てればどれだけすんごいことができるか想像もつかない。

池田は質素な家に住んでいるというが、家に帰る必要もないほど日本中に池田専用施設の研修道場という名の高級別荘がゴロゴロしてるし、海外でも好きなだけ金を使って贅沢できる。それにしても財務の収支は一切公開されないのを学会員は疑問に思わないのだろうか。赤い羽根募金もパンフレットに収支を細かく記載していたし、あいのり基金も先日TVで収支を公表していた。寄付をさせておいて何に使ったか明らかにされないのはバラすとマズイことに使っているからである。

僕は「私を信じて」と言う人は信じられない。「信じろ」というのは信じられないから言わなければならないことなのだ。最初から信じられる人なら「信じろ」と言う必要がないのだ。池田がいろいろ憲章を受けたり、世界から賞賛されたりする様子を執拗に毎日学会員に見せないといけないのは、彼がただの傲慢で中身のない人間だからだ。本当に崇高な人間は自分で何も言わなくても、身内や関連団体がなにも言わなくても賞賛されるものだ。




ポスティングへの執拗な妨害の様子







創価学会幹部、ニセ本尊破折にシドロモドロ








え~~、創価学会の本尊ってニセだったの











池田創価はマジで最悪。

「呪う」という言葉を連呼。

人の良い所を認めない。

「創価学会」という枠から外れることを恐れ、個人では何の判断も­出来ず、

ねちっこい嫌がらせを複数人でやってくる。

短絡的。

偽善者、偽善者、偽善者。

本尊は偽物とわかっていながら、洗脳し多額の金を吸い上げる在日­幹部。



大阪大作ビラ合同ポスティング中、又しても創価の妨害工作











むかしユダヤ人がインドを植民地にしたときに
少数のイスラム教徒を支配者代理にして
大多数のヒンズー教徒を支配させたそうです。
イラクでは少数のシーア派を使って大多数のスンナ派を支配させたそうです。
いずれも自分たちに敵意が向かいないように
本来ならば支配者になれない小数派を使って大多数を支配させると
支配者は従順になるという植民地支配の仕組みです。
戦後、日本を支配するのに少数民族である在日朝鮮人が使われました。
在日朝鮮人を日本にまぎれこますために
済州島四・三事件という虐殺事件をおこしてまで
無理やり日本に在日朝鮮人を送り込んだそうです。
そうして、宗教組織のトップ裏社会暴力団のトップ
パチンコやサラ金など日本人を平気で追い込む企業のトップは
すべて在日朝鮮人に置き換えられました。


創禍学会の保険金 詐欺サービス



http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/hoken.htm




創価マフィアの保険金殺人



http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/hokesatu.htm




創価学会に汚染された中野区役所④






創価学会に汚染された中野区役所③







«  | ホーム |  »

プロフィール

スライミー

Author:スライミー
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
創価学会の嫌がらせ (17)
動画 (51)
電磁波兵器 (1)
創価学会のクズを暴露 (34)
おすすめサイト (2)
リチャード・コシミズ (13)
ニューロフォン (12)
ハローワークで創価の嫌がらせ (3)
エシュロン (2)
創価学会員と生活保護を暴露 (2)
電磁波攻撃などの対処方法 (1)
創価学会の資金源 (2)
創価学会を脱会 (1)
創価の支配 (8)
芸能界 (1)
マスメディア (1)
警察 (2)
司法 (2)
政治 (2)
思考盗聴 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。