2012-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






スポンサーサイト

創価学会って、どんな宗教ですか?


仏教を名乗って、会員とその周囲の人々を苦しめている「仏敵」です。
平和を謳(うた)っていますが、その実態は、「非常に危険なカルト」、です。
「仏法」というにもかかわらず、ブッダを否定し、僧侶を誹謗中傷します。

かつて、池田氏が率いる創価学会は、大石寺の駐車場拡張工事において、富士宮市の許可を取らずに大石寺に隣接する市道を勝手につぶして駐車場にしました。創価学会がとんでもないことをやっている、と気付いた富士宮市の住民たちが抗議運動を起こすと、今度は暴力団(後藤組)を使って抗議運動を黙らせようとしました。抗議運動の代表者(市会議員)は暴漢に襲われ、日本刀で切りつけられて片腕を切り落とされてしまいました。→なお、犯人はその場で取り押さえらています。
池田氏と創価学会は、のちになって日蓮正宗(大石寺)から別の理由で破門されてしまいましたが、すると今度は、大石寺の妙遠坊に数発の銃弾が打ち込まれました。さらに、法主には銃弾と脅迫状が送りつけられたそうです。
創価の真相2/3→(7分48秒ころの映像です):
http://www.youtube.com/watch?v=e2MNT_H63r4&feature=related


池田氏と創価学会は、この事件以降、静岡県富士宮市にあった組員数人のその小さな暴力団を東京に進出させ、その後藤組を国内屈指の巨大組織に育てあげました(後藤組は、バブル最盛期には構成員が300人を超えていたといわれています)。

その後、創価学会は全国各地でトラブルを次々と引き起こします。→グーグルで、「創価学会 事件」、と検索して、これまでいったいどのくらいの事件がネット上に報告されているか、ご自分の目で確かめてみましょう。

後藤組組長の後藤忠政氏というのは、親も祖父もヤクザではありません。彼は、不良→チンピラ→ヤクザ、という経歴です。いわば、一代でのし上がったチンピラ上がりのヤクザです。もし池田先生に出会うことがなければ、山口組組長の襲名披露の席に、他の有力ヤクザ組織の組長と並んで出席する、という機会など絶対になかったでしょう。(後藤忠政氏は、襲名披露出席者を紹介する映像で、56秒ころに登場します↓)
http://www.youtube.com/watch?v=xir2QSB_3Nk&feature=related


(1)悪いことをいっぱいやっているのに、けっして警察に逮捕されず、刑務所にも行かなくて済んでいる。
(2)地方にあった小さなチンピラヤクザに資金提供を続け、スポンサーとして強力に支援して国内屈指の暴力団にまで育て上げた。
という点から、池田氏は闇社会(暴力団の世界)からも一目置かれているそうです。


○日蓮正宗さんによると、「創価学会は、もはや、邪宗教」、だそうです。↓
「創価学会に疑問を持つあなたへ」:
http://www.youtube.com/watch?v=ZnRZR_riQ2I&feature=related


○創価学会を脱会できた人の情報も、質問者さんの役に立つでしょう。↓
「創価学会の本質とは?」:
http://www.geocities.jp/soukanohonsitu/index.html


○こちらには、創価学会による非法行為の例が報告されています。↓
「創価学会の非合法活動に関する調査」:
http://senmon.fateback.com/soukagakkai/katsudou/soukagakkai_higouho...







«  | ホーム |  »

プロフィール

スライミー

Author:スライミー
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
創価学会の嫌がらせ (17)
動画 (51)
電磁波兵器 (1)
創価学会のクズを暴露 (34)
おすすめサイト (2)
リチャード・コシミズ (13)
ニューロフォン (12)
ハローワークで創価の嫌がらせ (3)
エシュロン (2)
創価学会員と生活保護を暴露 (2)
電磁波攻撃などの対処方法 (1)
創価学会の資金源 (2)
創価学会を脱会 (1)
創価の支配 (8)
芸能界 (1)
マスメディア (1)
警察 (2)
司法 (2)
政治 (2)
思考盗聴 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。