2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

創価学会の戦い方




創価学会は「勝利!」とか「戦い!」が大好きだが、(ビックリマーク!も大好きだな)何と戦っているのか。仏敵と言われる人たちだ。何のために彼らを罵倒するのか。学会に反抗したからだ。学会に敵意を持つものは全て打ち砕く姿勢を明確にしておけば、学会員も組織に反抗する気が起きなくなるからだ。

学会は平和への戦いという言葉もよく使う。活動家は自分のためではなく、他人のために活動するのだと言う。嫌がっている人を無理に会合に連れ出したりするのは、本気でその人を幸せにしてあげようと思ってやっているのだ。ものすごい迷惑なのだが、活動家は今は嫌がっていても必ず発心し、わかる日が来ると思っている。

学会員が選挙でものすごい努力をするのは一種の創価イベントとして熱狂的に活動することにより、信心固めに使えるからだと聞いたことがある。以前行われていた平和文化祭みたいなイベントもマスゲームやマーチングで北朝鮮ばりの統制を見せていたが、これも熱狂的イベントによる信心固めだ。

世界平和への貢献なんていうのは創価学会の仮面にすぎない。平和提言なんて机上の空論だ。理想論だけで実現されないことほど空しいものはない。池田はVIP待遇で世界の要人と会談はしても、自分の身に危険が及ぶ可能性のある場所へは一切近づこうとしない。学会員が命を削って寄付した莫大な資金力があれば、本気で世界平和に役立てればどれだけすんごいことができるか想像もつかない。

池田は質素な家に住んでいるというが、家に帰る必要もないほど日本中に池田専用施設の研修道場という名の高級別荘がゴロゴロしてるし、海外でも好きなだけ金を使って贅沢できる。それにしても財務の収支は一切公開されないのを学会員は疑問に思わないのだろうか。赤い羽根募金もパンフレットに収支を細かく記載していたし、あいのり基金も先日TVで収支を公表していた。寄付をさせておいて何に使ったか明らかにされないのはバラすとマズイことに使っているからである。

僕は「私を信じて」と言う人は信じられない。「信じろ」というのは信じられないから言わなければならないことなのだ。最初から信じられる人なら「信じろ」と言う必要がないのだ。池田がいろいろ憲章を受けたり、世界から賞賛されたりする様子を執拗に毎日学会員に見せないといけないのは、彼がただの傲慢で中身のない人間だからだ。本当に崇高な人間は自分で何も言わなくても、身内や関連団体がなにも言わなくても賞賛されるものだ。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://2qx5b.blog.fc2.com/tb.php/105-ac5aaf8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

スライミー

Author:スライミー
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
創価学会の嫌がらせ (17)
動画 (51)
電磁波兵器 (1)
創価学会のクズを暴露 (34)
おすすめサイト (2)
リチャード・コシミズ (13)
ニューロフォン (12)
ハローワークで創価の嫌がらせ (3)
エシュロン (2)
創価学会員と生活保護を暴露 (2)
電磁波攻撃などの対処方法 (1)
創価学会の資金源 (2)
創価学会を脱会 (1)
創価の支配 (8)
芸能界 (1)
マスメディア (1)
警察 (2)
司法 (2)
政治 (2)
思考盗聴 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。