2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 日本の警察は、残念ながら、以下の理由で日本人を冤罪にかける事がある。

 また、検事も同様の理由で共犯になる事がある。

 「出世欲」

 「自分が所属するカルトにとって不都合な人間を抹殺する為」

 みなさんが目にするニュースの中で、「これはおかしい。」と思えるニュースをご覧になる事があると思います。

 そういう事件は、上記が原因である可能性があります。


 実際に、以下のような事件もあります。


 路上で路上にある自転車などを倒したりしながら叫びまわっている人間が居て、その男を注意したら暴行を受けたから通報したら、警察は30分以上も来なかったが、ニュースでは「30分以上も首をしめて殺害した。」っと報道された事件もあります。

 しかも、通行人のフリをして、管轄の刑事が見に来ていた事も分かっている上に、

 警察に通報した回数は、5~10分おきに何回も通報していたにも関わらず、警察署から1回曲がるだけでいい場所で、3分でこれる距離だったのです。

 それを、30分以上も業と来なかった上で、警察が殺人を犯したのに、刑事の手柄になり、通報者は自殺へ追い込まれて証拠隠滅。


 そういう方でも、拘置所に入所させられたら、刑務官の餌食になります。

 このような犯罪は、今でも、日本中で発生し、日本人の被害者が増え続けています。


 これをご覧の方にお伝えしたいのですが、

 あなたが男性だとしたら、恋人や彼女とセックスをする事を目的にして、拘置所や刑務所にある「思考盗聴器」や「音響兵器」を使って虐待を受ける可能性があり、「手紙が送られて来ても届かない。」「面会に来ても面会拒否の扱いを受ける。」「拷問される。」という可能性があります。

 あなたが女性だとしたら、あなたとセックスする事を目的にして、恋人は冤罪にかけられ、上記の方法で刑務官が貴女に接し、セックスをさせられる可能性があります。

 そういう手段が発覚した時には、「彼氏が拘置所に居た事をばらす。」っと脅せばいいのです。

 刑務官が寝ている恋人に話しかけ続けて洗脳し、あなたと別れるように仕向けたり、嫌いにされたりもします。

 24時間眠らせないようにするのも常套手段ですので、頭脳や人格が破壊される事もありますが、

 セックスの為には、どんな手段でも使うのが刑務官だと認識して下さい。

 刑務官は、そういう事実を隠し、犯罪を黙認する刑務官と犯罪者の2種類しか居ません、犯人と共犯者しか居ないのです。

 また、上記の被害者だという思い当たりがある女性にお願いがあります。

 恋人は100%の確率で、刑務官からの拷問や偽造手紙の発送での名誉毀損などで、自殺に追い込まれて自殺して命を失います。

 東京拘置所にある「思考盗聴器」や「音響兵器」は、施設の内外に使う事が出来ますので、出所した後でも拷問を続ける事が出来るので、思考と睡眠を妨害され続けて、衰弱させられたり頭脳労働を不可能にさせられたりします。

 寝ている時も話しかけ続けられて思考や睡眠を妨害され、起きていても同様なので常にストレスに晒される上に、経済力も奪われます。


 この話を信じる事が出来るようになる方法があります。

 あなたが刑務官になって、拘置所に配属されて、所内の装置とその使い方の説明を受けて下さい。

 刑務官がどういう使い方をしているのかをご覧下さい。

 それから刑務官を辞めて、この文章をご覧下さい。

 そうすれば、これが事実であると分かります。

 しかし、欲望に溺れて、常にセックスを求めて犯罪に走る刑務官が常に居るのも事実です。


 もう一度言います。

 あなたが女性だとして、このブログに記してある事を体験した事があるなら。

 奇妙な手紙を送りつけられる・・・刑務官による偽造

 面会に行ったら拒否される・・・刑務官による勝手な処理

 おかしな事件に巻き込まれる・・・オカルト信者や出世欲に溺れた刑事の可能性が高い

 貴女とセックスをする事を目的に、恋人は虐待されたり、自殺に追い込まれたりします。

 その方法は既に記した方法と、これから記す事などが殆どです。

 あなたの恋人は、あなたが刑務官だと知らずに接した刑務官と親しくなった後で、それらの手段で自殺に追い込まれます。

 その時、貴女は既に恋人には愛情を持っていないので興味が無く、自殺をしたとしてもそれを知る事はありません。


 あなたが、このブログに記したのと同様の体験をした事があるなら、恋人や彼氏を助けてあげて下さい。

 あなたとセックスする事が目的で冤罪にかけられてから自殺に追い込まれたり経済力を奪われたりするケースもあるからです。

 命を奪われるか、一切頭脳労働が出来なくなる人生で、しかも思考盗聴器による洗脳で一生ミスリードされる事にもなります。


 犯人は、「セックスを目的にした刑務官」か「オカルト信者」の2種類が圧倒的多数なのです。


 どうして、特定のオカルトが、社会問題を何度も起こしたのに、破壊活動防止法を適用されないのでしょうか?

 正義感のある方が不審な死を遂げたり、冤罪にかけられたり、刑事や検事のオカルト信者が自殺だと決め付ける事件が発生するのでしょうか?



 証拠が残らない手段として、思考盗聴器と音響兵器の存在があります。

 刑務官がどんなに虐待をした結果、自殺をしたとしても、それは単なる自殺で処理されます。

 女性とセックスをする事を目的に殺害された事は全く分からないのです。


 殺されずに、生きている間ずっと思考盗聴を受け、思考や判断力を悪用され続けるケースもあります。

 そういう邪悪な犯罪者が刑務官に居るのです。


 思考盗聴は、被害者しかその恐ろしさを実感出来ない上に、被害者以外は信じる事が難しい存在の兵器です。

 音響兵器については海外のサイトでは時々ニュースとして見つける事が出来ます。

特定の標的に音を「発射」する技術、米軍が開発中
http://wiredvision.jp/blog/dangerroom/200706/20070607124127.html

「脳への電磁的攻撃」:禁止判決と対策サービスも
http://wiredvision.jp/news/200907/2009070622.html

2001-07-14 19:16
ジョン・フレミング:衛星サーベイランスの衝撃的な脅威 記事の完全版
http://www.aa.alpha-net.ne.jp/stmore/THE_SHOCKING_MENACE_OF_SATELLITE_SURVEILLANCE.htm


 思考盗聴は、実際に可能ですし、その装置は実在します。

 被害者は泣き寝入りさせられ、あらゆる知識や思考力を拷問で奪われたり、自殺に追い込まれたりします。


 ここに記した事を体験された方がいらっしゃれば、どうかブログを作成して、リンクを貼って下さい。

 体験しないと分からない犯罪・・・それが思考盗聴や音響兵器での虐待なのです。

 「身体が勝手に振動する」
 「飛行機が飛んでいないのに飛行音がする」
 「近くを電車が通過する度に、汽笛の音がする」
 「寝ている時に身体が細かく振動し、力が入らないので起きれない」
 「頭痛がすると共に、自然に首が竦む」
 「筆記をしようとすると腕が勝手に振動する」
 「記憶が書き換わっている」
 「おかしい、どうしてあの時あんな判断をしてしまったんだろう?・・・っと言う事が増える」
 「頭の中で人の声がして、命令されたり尋問されたりする」

 そういう体験をした方は、思考盗聴を受けている可能性があります。

 現在、それは欲望を満たす為の手段として、犯罪に使われています。


 納税されたお金を使って納税とセックスをする為に犯罪を犯し、その命も奪い続ける・・・

 ・・・そんな事が日常茶飯事な場所で仕事をする事は・・もう二度と出来ない。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://2qx5b.blog.fc2.com/tb.php/80-e52a1a29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

スライミー

Author:スライミー
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
創価学会の嫌がらせ (17)
動画 (51)
電磁波兵器 (1)
創価学会のクズを暴露 (34)
おすすめサイト (2)
リチャード・コシミズ (13)
ニューロフォン (12)
ハローワークで創価の嫌がらせ (3)
エシュロン (2)
創価学会員と生活保護を暴露 (2)
電磁波攻撃などの対処方法 (1)
創価学会の資金源 (2)
創価学会を脱会 (1)
創価の支配 (8)
芸能界 (1)
マスメディア (1)
警察 (2)
司法 (2)
政治 (2)
思考盗聴 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。