2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




>しばらく興味をもって読ませて頂きましたが、未だ心を読み取る装置など無いと信じてる人が多いみたいですね。
>私は3年前まで、某大学(名前は言えません)で、その様な装置の基礎研究に携わっていました。
>研究費は公安や防衛庁(米軍からかも)から文部省の科研費の名目で流れてきたので、かなり贅沢に研究出来ました。
>しかしその反面、学会での発表や口外が禁じられていました。
>ここに、書き込むのは、多くの人が現実を知った方が良いのではと思うからです。

>心を読みとる装置の事ですが、正確には「ある時点での純粋な」精神状態を読み取る装置では無く、
>強制的に特殊な心理状態を作り上げ、その反応からその人の思考をモニタに写像するものです。
>私が研究に参加していた時点では、2つの衛星を使って実験を行いました。
>まず、カーナビ用衛星の使われていない周波数帯を借りて、特殊な電波を特定の人物の脳の位置で干渉するように送ります。
>被験者は電波(正確には電磁波ですが)によって、幻覚・幻聴が起きますが、被験者の意思で思考する事も出来ます。
>この時、被験者の脳波を計り、送った電波と被験者の脳波を分離することによって、被験者の心理パターンを解析するのです。
>この方法は一部では実用化されています。勿論、幻覚などが現れるので被験者には実験されている事が分かりますので、
>主にレム睡眠の間に行われることが一般的です。
>つまりは強制的に夢を見させて、その夢に対するリアクションで被験者の心理パターンを読みとるのです。
>あと、その方法はマインドコントロールにも使えそうですが、私はその方面の研究には携わっていませんので良くは分かりません。
>ただ研究しているグループも有るみたいです。

>私が知っているのはそれ位ですが、最近の研究テーマは携帯電話を使って心を読み取る事に重点が置かれてきているようです。
>携帯電話は丁度、頭に付けるようにして使用しますので微弱な電波でも
>充分に脳波と干渉させる事ができますし、電話の電波と一緒に脳波を送信する事が出来ます。
>この方法もかなり実用レベルまで行っていると聞きましたし、実際に被験者には秘密で実験が行われているみたいです。




< 思考盗聴器の原理についての考察 >    

思考盗聴器は、人が頭の中で思考するときの神経信号(イオン信号)、または実際に声に出さなくても頭の中で会話をするときに発生する、脳の音声信号(神経信号)またはイオン信号をレーダー電波で捕捉し、個人差に対応したコンピューターの翻訳プログラムに従って、音声言語または文字として翻訳する器械です。  これには、人に電波を当てるとその人が持っている(共振)電波が反射する事を利用して、その電波を捕捉し測定する方法を用います。(一例を挙げれば、七色の虹の光を人に当てた場合、その反射波からはその人の持つ奇数波長の電波が測定されます。)               

現在、対象者に個有の生体情報をもとに、脳全体の情報をレーダー電波で捕捉し、翻訳プログラムに従ってコンピューター機器で解読する思考盗聴器の研究開発実験が行われています。

http://wiredvision.jp/news/200808/2008082523.html                                                                                               
                                                                                                     http://wiredvision.jp/news/200905/2009051923.html



< 思考音声言語の翻訳について >

声に出さないで、心の中だけで読んだり話したりしている時であっても、実際には「舌」と「声帯」、さらに、「声に出さない音声などを処理している音声器官」は、脳からの音声信号(神経信号)を受信しています。この音声信号(神経信号)をセンサーで受信し、その信号を処理して、パターン認識をもとに解析、解読を行い、音声言語や文字として翻訳するコンピュータプログラムがすでに開発され、実用化されています。

実用化された製品情報  (魚拓リンク)  

http://s04.megalodon.jp/2008-0529-0146-52/itnp.net/category_betsu/8/1194/




「人の脳内の、ものすごく複雑な思考も解読できる機械が5年後には完成する事、さらに、現代は、秘密裏に遠隔から使用される技術も開発されており、数メートル離れたところから、人の脳の前頭葉に光線をあて、その反射波を受容した機械が思考を読み取る装置が開発されている時代である。」という驚くべき事実を報じています。



http://gangstalking-crime-databease.blogspot.com/2011/08/cbs-60-minutes-mind-reading.html



脳内情報通信技術の中でも、対象者の持つ個有の周波数と振幅によって共振させる、共振電波の送受信技術、およびにレーダー電波の技術を用いて、対象者を限定した思考盗聴・音声送信などが可能です。また、この時に対象者の位置を把握することも可能です。

フィンランド首席医務官キルデ医学博士の論文

http://gangstalking-crime-databease.blogspot.com/2011/07/blog-post_24.html

日本における音声送信などの自動追尾システムの実験について(引用)

http://dadada.iza.ne.jp/blog/entry/1848878/

思考読み取り(生体情報受信)の技術的解明への道

http://wanderer0000005.blog52.fc2.com/blog-entry-331.html



http://wanderer0000005.blog52.fc2.com/blog-entry-332.html



遠隔操作で探り、思考や感情を更新する





http://gangstalking-crime-databease.blogspot.com/2011/07/blog-post_3459.html








まず、目的は自分達、創価信者が集団ストーカーの被害にあわない為になんの関係もない一般人を集団ストーカーのターゲットにします 一般人がターゲットになっている間は自分達信者はターゲットにならない為に安全だと思ってターゲットが自殺するまで永遠と続きます ターゲットが自殺すれば、違うターゲットを決めてまた自殺するまで集団ストーカーを永遠と繰返し行っていきます 日本の自殺者が3万人いますが、そのほとんどが集団ストーカーによって自殺に追い込まれたと思われます こいつら創価信者が死ねばいままで殺してきた何百万人の自殺者があの世で永遠の苦しみをあたえるでしょう 地獄で悪魔が待っていて悪魔が永遠の苦しみをあたえてくれるかもしれません



















«  | ホーム |  »

プロフィール

スライミー

Author:スライミー
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
創価学会の嫌がらせ (17)
動画 (51)
電磁波兵器 (1)
創価学会のクズを暴露 (34)
おすすめサイト (2)
リチャード・コシミズ (13)
ニューロフォン (12)
ハローワークで創価の嫌がらせ (3)
エシュロン (2)
創価学会員と生活保護を暴露 (2)
電磁波攻撃などの対処方法 (1)
創価学会の資金源 (2)
創価学会を脱会 (1)
創価の支配 (8)
芸能界 (1)
マスメディア (1)
警察 (2)
司法 (2)
政治 (2)
思考盗聴 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。